私たち南部建設は、社会に対する責任感と新しい事への向上心を持って、
人々の暮らしを豊かにするために、社会基盤の整備に努めています。

南部建設 事業紹介

技術力・管理能力・品質

ICT重機の導入(i-Constructionの取り組み)

弊社では、施工機械の情報化施工を導入しました。
特に国土交通省の受注工事を中心に最先端技術である「ICT活用技術」を導入し、施工しています。また自主的に現場活用を行っております。 ※ICTとは? ICTとは、Information and Communication Technology(インフォメーション アンド コミュニケーション テクノロジー)の略で、日本語では一般的に 「情報通信技術」 のこと。 ※ i-Constructionとは? 国土交通省が推進しているIoT・人工知能(AI)などの革新的な技術の現場導入や3次元データの活用などを進めることで、生産性向上を図り、魅力的な新しい建設現場を創出する取り組みのこと

重機操作の技術

弊社のオペレーター技術は同業他社からも高い評価を受けています。
盛土や切土は寸分の狂いも許されないため、熟年のオペレーターであっても細心の注意を払って作業を行っています。

重機操作の技術
南部建設 安全優良職長厚生労働大臣顕彰を受賞

安全優良職長厚生労働大臣顕彰を受賞

日ごろから安全意識を持ち、現場の第一線で作業の安全管理を徹底してきた功績が認められ、厚労省より弊社の社員が安全優良職長厚生労働大臣顕彰を受賞。
この年、青森県内では唯一の受賞者となりました。

重機メンテナンスは自社で完備

重機のメンテナンスや故障、不具合は、即対応できるように自社工場を完備し、工事現場を極力止めないように、効率化を図っています。
また現場を円滑にするための部材は自社工場で製作し、なるべく現場での手間を省く工夫をしています。

南部建設は重機メンテナンスは自社で完備しています

品質・環境・労働安全衛生への取り組み

南部建設 活動方針

ISO 9001、ISO 14001 取得

南部建設は、環境問題に配慮し、より高い水準で土木作業を推し進めるためにISO 9001:2008 及びISO 14001:2004を取得しました。
より安全で、かつクリーンな業務のシステムづくりを、模索し続け、自然豊かな郷土を守るために努めます。

OHSAS 18001(労働安全衛生マネジメントシステム)取得

企業が効率的に労働災害のリスクを管理・運営していくための仕組みとして、労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS)があります。
労働安全衛生を設備投資等の“ハード面”だけではなく、人の側面を考慮した“ソフト面”を含めて、災害の“事前予防”を行うことのできる経営管理(マネジメント)の仕組みを構築していくものです。

健康経営への取り組み

企業が従業員の心身の健康に配慮することにより、経営面において大きな成果が期待できるとの企業理念に基づき、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践し取り組んでいきます。